ヘナについて


ヘナは、ハーブの一種で主にインド、ネパール、パキスタンなどの
西アジアに分布する植物です。

草木染めの染料として使われますが、特に安全なヘアカラーとしての用途があります。
歴史は非常に古く、 古代エジプトではヘナは髪、爪や唇に色を付ける化粧品として
使われていました。
また、皮膚予防・止血・外傷・火傷の外用薬、内服薬として 使用されたとの記録もあります。
ヨーロッパ、アメリカ、アジアで広く髪を染める天然染料として使用されています。

このヘナの葉(左の写真)を乾燥させ、粉末にしたものがヘナパウダーで
パウダーにした状態で日本に輸入されます。 
粉末は薄緑色で、においは ハーブや抹茶のようないい香りがします。
お茶や、ワインと同じように産地などにより品質が変わるのも特徴で、
インド・ラジャスタン州ソジャトと いう地方で栽培されたヘナが 最高品質のヘナで
当店もこのヘナを使用しています。

工程といたしまして、
ヘナパウダーを人肌程度のお湯と混ぜて、マヨネーズ程度の柔らかさになるまで混ぜます。

『塗る』というより、『のせる』感じで根元からタップリのせていきます。
写真のようにたっぷり塗布するのがポイントで、
その後ラップしてお時間をおきます。

ほんのりにおうハーブの香りが、
ヘナの放置タイムをリラックスタイムにしてくれます。

天然ヘナは、回数を重ねれば重ねるほど、みるみるうちに 髪、頭皮の状態が
良くなってくるというのも特徴の一つです。


ヘナのファンになられているお客様は、月一の贅沢としてヘナタイムを
すごく楽しみに、ご来店されています。

【ヘナをされているお客様】      

         ぜひ、ご覧ください!